60代からの趣味

ギターのボディ・ヒットを練習

投稿日:

山べぇです。ボディ・ヒット

ギターを打楽器として演奏するのだ!

基本だよ

  • パーム
    手のひらと手首のつけ根あたりの骨でボディをヒットする。
  • パーム・ストローク
    パームでボディを叩きながら同じタイミングでストロークするのだ。
  • パーム・アルペジオ
    低音を弾いた後に手首をボディに叩きつけるんじゃ。
  • サム・ヒット
    親指の第一関節の側面でボディを叩くんですよ。
  • サム・アタック
    アタックは弦を叩くイメージつまり、親指で弦を叩くんじゃのう。
  • サム・アタック・ストローク
    サム・アタックとストロークの組み合わせだ。難しいね
  • スラップ
    ベースのスラップの動きですね。サム・アタックとどう違うんじゃ?ミュートしてないってことか?
  • スラム
    人差指・中指・薬指の第1〜第2関節あたりで弦を叩くのです。
  • アップ・ストローク
    スラムの直後、指だけを上方向に引き上げつつ弦を弾くらしい。
  • フィンガー・ヒット
    左手の場合は指の腹を使って叩く、右手の場合は薬指・中指・人差指の順に叩きます。
  • ネール・アタック
    中指・薬指の爪の表側で1・2・3弦あたりを叩きます。同時に小指がボディに当たります。
  • タッピング・ハーモニクス
    右手で弦を叩いた後すぐに音を鳴らす感じです。中指を使うことが多い。
  • ゴーストノート
    「左手」左手の人差指で弦をミュートしつつ、残りの中指・薬指・小指で勢いよく弦に叩きつける。
    「右手」左手で弦をミュートしつつ、右手で弦を叩く

なんか難しそうだね、言葉では理解不能かもしれない。

こちらに動画がアップされているので興味のある方はご覧あれ。
井草聖二さんの「初めてみよう」ボディ・ヒット

←参考になる本

-60代からの趣味

Copyright© 全ては上手く行っている , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.