アトム

風の音

一休み 一休み 風の詩4

更新日:

山べぇです。今日は吉田拓郎デーとしましょう

♪準ちゃんが吉田拓郎に与えた偉大なる影響♪
♪準ちゃんの与えた今日の吉田拓郎へのただいなる影響♪
作詞:吉田拓郎 作曲:ボブ・ディランの「ハッティ・キャロルの淋しい死」
4C
  1. 僕が高校2年の夏
    準ちゃん 君はテニス部にいた
    僕は毎日が楽しかった
    君に会えるだけでしあわせだった
    その頃君には恋人がいて
    僕には見むきもしなかった けど
    それでも僕はしあわせだった
    これが恋だと信じていたから

    僕の青春は恋と歌の旅
    果てることなく
    でも準ちゃん 君に会わなければ
    今の僕は無かったかもしれない

  2. 高校3年も終る頃
    学校で変なウワサがたった
    その日を限りに僕の恋は
    片思いのままで終ってしまった
    だけどもきれいな思い出だった
    僕は少しも悲しく無かった
    いつまでも心に残していたい
    素敵な君の面影だけを

    これが恋だと信じてたのに
    まさかこんなことに
    せめてきれいな思い出だけは
    壊したくなかったのに

  3. 僕が大学2年の春
    ジャズ喫茶でドラムを叩いていた
    20才の誕生日がやって来た
    今日から大人の仲間入りだ
    客席は女の娘の叫び声と
    煙草の煙でいっぱいだ
    その時一人の女の娘が
    花束持って入って来た
    1年以上も忘れていた
    準ちゃん 君がそこにいた

    あきらめていた君だったのに
    20才の誕生日に
    僕の心はその夜限りに
    狂ってしまったのか

  4. 嵐の様な20才の夜
    ただ二人だけの朝を待つ
    君の全てに包まれる僕
    全てはこの時始まるのか
    全てはこの時終ったのか
    きれいな思い出は消えたけど
    新しい愛が 今生まれてくる
    過去は消えても 明日がある

    ああ そんな儚い夢は
    その夜限りのもの
    準ちゃん 君はそれを知っていた
    愚かなのは僕一人

    ♪ブルースハープ♪

  5. その頃君は大学生で
    恋人が一人いたっけ
    彼は僕の後輩だった
    憎めない 気持ちのいい奴だった
    準ちゃん 君はひどい人だ
    彼を愛しているくせに
    どうして僕の前にあらわれたんだい
    そうとも知らず僕は夢を見る
    愚かな男の愚かな夢は
    果てしない泥沼へ続いて行く

    ああ なんてことだ
    なんて世の中だ
    あんなにきれいな思い出と共に
    明日まで壊すなんて

    (全般終了いたしましたので後半に移りますが、えぇ
    これよりぼくが旅立つわけでござんして、旅立てジャックという歌がありますが、それとはまったく関係なくてもう、これより旅に出ますので、ここからが非常にカッコイイのですが、えぇ)

  6. 僕の心は流れる雲に(ゲップがでましたけど)
    包まれてどこかへ飛んで行く
    その頃僕はボヴ・ディランを知った(ここがカッコイイですね)
    その頃僕はボヴ・ディランを知った(いいですね)
    何でもいいから彼の真似をしてみた
    家をとび出して旅もしてみた
    広島にいるのが辛かったから
    父さん母さんを苦しめながら
    それでも僕は一人になりたい
    甘えていた自分に腹もたったし(カッコイイ)
    自分をもっと苦しめたかった

    せめて準ちゃん彼としあわせに
    なってもらいたい
    君が不幸になったりすると
    僕までが辛い

    (こうして千葉へぼくは旅にでまして、千葉のお寺に居候するわけですが、半年間千葉のお寺で居候をしておりましたが、あぁそのエピソードもまたたくさんありまして映画になるんじゃないかという気がするんですが、ちいさなエピソードが沢山あったんですがそのエピソードの話はまあ抜きにしまして、千葉に居たとき)

  7. 風の便りに広島のことを
    耳にするたびに涙がおちる
    準ちゃんは大学をやめてしまい
    家をとび出して一人で働いている
    彼とは一緒に暮らしていても
    何か冷たい風が吹いているらしい
    でも僕には関係ないことだ
    自分のことだけで精一杯だ
    今こそ全てを忘れてしまい
    新しい明日のために生きていこう

    僕がフォーク・ソングの虜になり
    今こうして歌ったりするのも
    全ては20才の誕生日の夜
    あの夜があったからかもしれない

    ♪ブルースハープ♪

  8. 広島へ帰って2年あまり
    いろんなできごとがあったけど
    準ちゃん 高校時代のキミが
    やっぱり僕の胸の中にある
    これでいいんだと言いきかせて
    思い出は思い出で残しておいて
    僕は僕の道を進む
    ただひとつ
    これだけは忘れないでほしい
    僕の半生は
    キミに変えられたのかもしれない
    僕にはとても大きな人だった

    僕の青春は恋と歌の旅
    果てることなく
    準ちゃん キミがどう変わっても
    思い出だけは残る

  9. 僕は今日までに
    いろんな恋をした
    かずよ くんちゃん ふみえ
          やすべえ・・・・・
    でも何かが僕らをひき離して行く
    青春とはこんなに苦しいものなのか

    苦しみ 苦しみ もがきながら
    悩み続けて生きて行く
    ああ それでも思い出だけは
    残るあの日の自分が

    ♪ブルースハープ♪

♪イメージの詩♪
作詞・作曲:吉田拓郎
  1. これこそはと信じれるものがこの世にあるだろうか
    信じるものがあったとしても信じないそぶり
  2. 悲しい涙を流している人はきれいなものでしょうね
    涙をこらえて笑っている人はきれいなものでしょうね
  3. 男はどうして女を求めてさまよっているんだろう
    女はどうして男を求めて着飾っているんだろう
  4. いい加減な奴らと口をあわせて俺は歩いていたい
    いい加減な奴らも口をあわせて俺と歩くだろう
  5. 戦い続ける人の心を誰もがわかってるなら
    戦い続ける人の心はあんなに燃えないだろう
  6. 傷つけあうのが怖かった昔は遠い過去のこと
    人には人を傷つけるちからがあったんだろう
  7. 吹きぬける風のような俺の住む世界へ一度はおいでよ
    荒れ果てた大地にチッポケな花をひとつ咲かせておこう
  8. 俺もきっと君のいる太陽のあるとことへ行ってみるよ
    そしてきっと言うだろう来てみてよかった君がいるから
  9. 長い長い坂を登ってうしろをみてごらんだれもいないだろう
    長い長い坂をおりてうしろをみてごらんみんなが上で手を振るさ
  10. 気取った仕草がしたかったあんた鏡をみてごらん
    気取ったあんたが写ってるじゃないかあんたは立派な人さ
  11. 空を飛ぶのは鳥に羽根があるからただそれだけのこと
    足があるのに歩かない俺には羽根もはえやしない
  12. はげしいはげしい恋をしている俺は一体誰のもの
    自分じゃ言いたいのさ君だけの俺だと君だけのものだよと
  13. 裏切りの恋の中で俺は一人でもがいている
    はじめからだますつもりでいたのかい僕の恋人よ
  14. 人の命が絶える時が来て人は何を思う
    人の命が生まれる時には人はただ笑うだけ
  15. 古い船には新しい水夫が乗りこんでゆくだろう
    古い船を今動かせるのは古い水夫じゃないだろう
  16. 何故なら古い船も新しい船のように新しい海へでる
    古い水夫は知っているのさ新しい海のこわさを
  17. 一体俺たちの魂のふるさとってのはどこにあるんだろうか
    自然に帰れっていうことはどういうことなんだろうか
  18. 誰かが言ってたぜ俺は人間として自然に生きてるんだと
    自然に生きているってわかるなんてなんて不自然なんだろう
  19. 孤独をいつのまにか淋しがりやとかん違いして
    キザなセリフをならべたてるそんな自分をみた
  20. 悲しい男と悲しい女のいつものひとりごと
    それでもいつかはいつものようになぐさめあっている
♪Blown' In The Wind:風に吹かれて♪
Words & Music by Bob Dylan
  1. How man-y roads must a man walk down
    Be-fore you call him a man?
    How man-y seas must a white dove sail
    Be-fore she sleeps in the sand?
    Yes 'n' how man-y times must the can-not balls fly
    Be-fore they're for-ev-er banned?
    The an-Swer my friend is blow-in' in the wind
    the an-Swer is blow-in' the wind
  2. How man-y years must a moun-tain ex-ist
    Be-fore it is washed to the sea?
    Yes 'n' how man-y years can some peo-ple ex-ist
    Be-fore they're al-lowed to be free?
    Yes 'n' how man-y times can a man turn is head
    Pre-tending he just does-n't see?
    The an-swer my friend is blow-in' in the wind
    the an-swer is blow-in' the wind
  3. How man-y times must a man look up
    Be-fore he can see the sky?
    Yes 'n' how man-y ears must one man have
    Be-fore he can hear peo-ple cry?
    Yes 'n' how man-y death will it take till he knows
    That too many peo-ple have die?
    The an-Swer my friend is blow-in' in the wind
    the an-Swer is blow-in' the wind



google-textcomm




-風の音

Copyright© 全ては上手く行っている , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.