北野異人館街

60代からの趣味 認知症サポーター

昭和、平成、次は「令和」長生きは素敵だけれど認知症が怖いという方へ。

更新日:

山べぇです。認知症が怖いという方へ、脳トレはこれだ!

もうすぐ平成が終わります。

新元号「令和」が発表になり、いよいよ、次の世代がやってくる。

ですが、そんなことよりも気になること。それが「認知症」という方は多いです。

自分が何者かもわからなくなり、家族に迷惑をかけるのは本当に怖い。

どうにかして脳トレをして、ボケ防止をしなくては!!!

今、そんな65歳以上の方に、大人気の習い事があるのをご存知ですか?

実は、テレビでも人気の脳科学者も、趣味に●●●をお薦めしています。

その答えがこちら

今、テレビで人気の脳科学者が
「脳トレにはピアノが最適」と話しています。

なぜ、ピアノは脳トレに良いのでしょうか?

実は、

ピアノ演奏は右脳と左脳、運動神経、情緒性(穏やかで豊かな心)
を鍛えるのに、とても優れているんです。

手は『第2の脳』と言われています。

ですから、もしあなたが

「最近もの覚えが悪くて・・・」
「昨日の夕食もすぐに思い出せない」

と、脳の衰えを感じているのであれば、この第2の脳である
【手=指先】を鍛えることをお勧めいたします。

実際に、ピアノを弾くと脳にどんな刺激があるのでしょうか?

実は、ピアノの優れたところは、右脳だけではなく
左脳も鍛えられる点です。

ピアノを演奏するには、メロディだけでなく、曲のテンポや音の高さ、
曲の構成などを分析する力がなくてはいけません。

これは左脳の働きなんですね。

ピアノは、右脳で感じて、左脳で分析をしているので、
すばらしい演奏ができるのです。

また、右脳と左脳を同時に使うことによって、脳の持つ能力が最大限に
発揮できると言われています。

つまり、あなたの脳を活性化し、運動神経も活発にします。

脳のたくさんの部分を一気に使うので、これほど効率よくできる
脳トレはないのですね。

だからこそ、脳科学者は「ピアノが脳トレに最適な趣味」と言うのです。

しかし、ここで壁があります。

あなたが幼い頃からピアノを弾いていたならともかく。

初心者であれば、ピアノをいきなり始めるのはちょっと・・・と
思ってしまうでしょう。

ところが!!!

そんなあなたにもピッタリの練習方法があります!

・わざわざピアノ教室に出向いて行く必要がない
・覚えに自信がなくても、同じレッスンを何度でも繰り返し受けられる
・ドレミが全く読めなくても両手でピアノが弾ける
・好きな時間に好きなだけレッスンできる

好きなときに、好きなだけ、繰り返し同じところを練習できたなら、
きっとピアノの腕前もグングンと上達しそうですよね。

このレッスンDVDは、初めてピアノに触る方のために、
ピアノの弾き方を1から丁寧に解説しています。

しかも、「読む」「見る」「弾いてみる」の3ステップであなたも
自宅で、短期間でピアノをマスターできます。

ドレミを一生懸命読んだり、覚えたりしなくても、楽譜にはすべて
ドレミが書いてあります。

これまでピアノを習ったこともないような大人でも弾けた、という
感動の声がたくさん届いています。

気がついたらピアノが弾けて、脳も活性化!

脳トレに最適なピアノ。

しかも、初めてでも短期間で弾けるようになるなら。

ちょっと嬉しいですね。

憧れのピアノを弾いている自分を想像しただけで
毎日にハリと潤いが生まれてくると思います。

今、60代、70代の受講者数がどんどん増えている、
人気のピアノレッスンDVDです。

この機会に、憧れのピアノにチャレンジしてみませんか?

詳しくはこちらです。

-60代からの趣味, 認知症サポーター

Copyright© 全ては上手く行っている , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.