テントの中

旅の宿

佐渡の岬を巡る旅 フェリー バスで一周 いつもそこに○○がいた 佐渡の風になって

更新日:

山べぇです。佐渡をバックパック一つで旅した話

日々の仕事に疲れ休みを取って佐渡へ行こうと思い上越新幹線に飛び乗りました。
バックにシュラフとテントを詰め込み天沼を飛び出したのでした。
バイクもいいけどたまにはバックパック・カニ族でもってなところです。

二つ亀佐渡と言えば『佐渡おけさ』『金山』『たる舟』『トキ』などが思い浮かぶと思います。
実際に行って見て『二つ亀』『賽の河原』が印象的でしたね。

東京駅を出発し途中スキーでお世話になるガーラや石打あたりの景色を眺めながら新潟へと進む。新潟駅からは徒歩約30分で佐渡汽船ターミナル、ジェットフォイルで約1時間5分後に両津港に到着。
新潟は某石油会社のシステム関連で数回訪れたことがあり慣れたものです。それに、小樽行きのフェリーも利用してますからね。

賽の河原佐渡島の爽やかな風が私を迎えてくれました。今日の宿?キャンプ場へまずは向かいますか、両津港から内海府線で『二つ亀』を目指す。『二つ亀キャンプ場』観光スポットが密集してますよ。『二つ亀』『二つ亀海水浴場』『賽の河原』『大野亀』『弾崎灯台』『山居の池』

佐渡佐渡のバスに揺られて岬めぐり。♪岬めぐりのバスは走る 窓にひろがる青い海よ 悲しみ深く胸に沈めたら この旅終えて街に帰ろう♪

二匹の亀に見える「沖の島」と「磯の島」、自然を満喫できる海水浴場もあります。透明度の高さでよく知られている海域です。
ゼミの合宿でワイワイやっているグループを見かけた少し年取った男性が教授らしい、女の子が多いゼミみたいですよ。まてよ女の子しかいないのか女子大のゼミ旅行っぽいな。そんな穏やかな光景を横目に海の彼方を眺めている私でした。

佐渡うみ佐渡テント
一眠りしましょう。楽しい一日に感謝してお休みなさい。

『ちょうどいい感じのゆるさと広さ』とキャッチコピーされている、佐渡島。(一周約280㎞の半日旅行だって)

佐渡金山パックアップしてから今日は金山へ、二つ亀から佐渡金山前までバス(乗換1回:内海府線→本線)で行く。金山を見学していると気持ち悪いなんて女性の声も聞こえてきます。人形が声を発したり動いたり、ちょっと不気味な感じもしますね。でも見る価値はありますよお嬢さん。

まちこ橋佐渡金山から尖閣湾揚島遊園までバス(乗換1回:本線→海府線)、尖閣湾では遊覧船に乗り30m級の尖塔状の断崖を満喫、景観が私を圧倒しています。
通称『まちこ橋』をパシャり。遊覧船をパシャ。
佐渡尖閣湾

今回は『たらい舟』はお預け濡れずに済んだってことでよしとしましょう。

google-textcomm




-旅の宿

Copyright© 全ては上手く行っている , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.