60代からの趣味 風の音

LX1EのサドルPQ-9110-00を調整

更新日:

山べぇです。LX1Eのサドルを調整して弦高を下げました。

PQ-9110-00は、マーチンスタイルのアコースティックギター用TUSQ製加工済みサドル。TUSQサドルは、弦振動を効率的にボディーに伝達するようにデザイン。弾けるような高音から豊かな低音まで、リッチな倍音成分を含んだサウンドに向上させます。
■アコースティックギター用サドル
■TUSQ(タスク)
■マーチンスタイル(加工済み)
■サイズ
・Width(幅):約2.62mm
・Length(長さ):約73.66mm
・Height(高さ):約10.16mm

丁度いいサイズかと思ったが、「Width(幅):約2.62mm」 が大きすぎて入らない。
中央部分が膨らんでいる感じがする。

「Height(高さ):約10.16mm」は 削るつもりで買ったのでいいのだが、Width(幅)は想定外ですね。

サンドペーパーで高さ調整を先ずは実施。

なかなか削れない気合を入れて削れ削れ。

均一に削れているか?チェックチェックしながら完了。

次は幅の調整だ。

なかなか削れない気合を入れて削れ削れ。

こまめに入るか試しながら削れ削れ。

ようやく入りました。

弦を張って弦高をチェック、、なかなかいい感じですね。

音もまあまあってとこかな、やはり弦高が高い方が響きは全然違う。

高い方が良いのだ。

サドルを抑える力が何倍も違うのかもね。

それとも削り方が悪かったかな??TUSQがダメかな??



google-textcomm




-60代からの趣味, 風の音

Copyright© 全ては上手く行っている , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.